バイト図鑑

【ゲーセンのバイトは楽?】体験談から具体的な仕事内容を徹底解説!

ゲームセンターバイトといえば、どのような印象があるでしょうか?

コインや景品の交換をしたり、ゲームの機械関係をいじりそうなイメージはありますよね。しかし、スーパーのレジや、飲食店のキッチン・接客などに比べると、そこまで具体的な仕事内容はイメージしにくいかもしれません。

今回は実際にゲームセンター(セガゲームセンター)で働いていた人から、体験談を聞いて、ゲーセンバイトの実態をまとめてみました。かなり詳しく答えてくださったので、具体的な仕事内容が分かりやすいはずです。

これからゲームセンターでのアルバイトを検討している方は参考にしてみてください。

ゲームセンターのバイトの評判をチェック!

基本的には楽だという意見が多かったです。特に平日はお客さんが少ないのでかなり楽なんですね。

無料でゲームをやらせてくれる店もあるので、ゲーム好きにはたまらないでしょう。

ただし都会などの人が多いゲームセンターは忙しい場合も多く、場所によってはゲームの爆音やたばこの匂いに耐えなければいけない場合があるので注意です。

 

具体的な仕事内容 ゲーセンバイトは楽?きつい?

主にはクレーンゲームなどの機械の中にある商品「プライズ」を管理する係と、「メダル」を管理する係に分かれます。

共通して行う仕事内容としては、

  • 一時間ごとのお客さんのカウント
  • 落とし物管理
  • 物販・くじの対応(店舗による)

プライズ係の仕事内容

  • プレイするお客さんに取り方の説明をする
  • プレイが終わった後に、商品をもとの位置に戻す
  • コントロールパネルの汚れふき
  • あまりにも取れないお客さんには取らせてあげる配慮をする
  • 景品の入れ替え・配置
  • 景品の賞味期限の確認

メダル係の仕事内容

  • メダルの補充
  • メダルの売り上げのデータ管理
  • ゲームのバージョンアップに伴う外装の変更
  • ゲームのエラーの対応・メンテナンス

 

時間帯別によっても作業内容はことなります。

【早番】

  • ブレーカーをONにして、ゲームを起動させる
  • ゲームや両替機にエラーが出ていないか確認する
  • 金庫の中の金額をかぞえる

【遅番】

  • 18時以降に16歳未満のお客さんがいないか確認する(保護者同伴はOK)
  • 22時以降に18歳未満のお客さんがいないか確認する(保護者がいてもダメ)
  • 売り上げや、チェックしたお客さんの人数をPCへ記入する

 

かなり細かく答えてもらえたので、内容が多いですが、実際に覚えることはたくさんあるそうです。機械や景品の管理だけではなく、ガッツリと接客作業もあるんですね。

機械のエラー対応などは機械が苦手でもできるのだろうか?と思いますが、ここにもマニュアルがあるので、特に気にする必要はないそうです。ただし慣れるまでには時間がかかり、実際に行うのは、入って数か月たった後になることが多いです。

 

一日の勤務時間は?

店によりますが9時ごろ~21:00か24:00まで開いているパターンが多いです。その中で、一日2~3時間以上というところが多いですね。

週1から可能のところもたくさんあったので、シフトに関しては比較的自由だといえます。

気を付けるとすれば、21:00終了の店だと学校終わりでも長く働けないことくらいです。あとは開店が9:00以降のところがほとんどなので、早朝バイトはできません。9:00~21:00だと、スーパーのような開店時間ですね。

 

ゲームセンターのバイトは稼げるのか?

時給は800円後半~1000円のところが多いです。バイトの時給の中では、平均より少し上という感じですね。仕事内容的には覚えることも多いですが、楽な時間帯と地域を選んで長く入れば、同程度の賃金の飲食店などよりも楽に稼げるバイトだといえます。

 

ゲーセンバイトのメリット・デメリット

メリット

  • 新作のゲームをいち早くプレイできる
  • 無料でゲームをプレイできる場合がある(クレーンゲームの練習など)
  • 平日昼間はお客さんが少なくて楽
  • 接客能力が身につく
  • ゲーム好きなお客さんが多いので、自分もゲーム好きなら接客が楽しい(話が合う)

デメリット

  • 覚えることが多い
  • 店によっては客層が悪い
  • ゲームの騒音や、たばこの匂いがキツイ場合がある
  • メダルやおしぼりの運搬は何気に重くて重労働

 

応募資格・面接対策をご紹介

特に必要なスキルはありませんが、①ゲームの音に耐えられること、②最低限の接客ができることは必要です。フロアを動き回ったり、重いメダル運びは何気に大変なので、最低限の体力も必要ですね。

また店によっては客層がよくなかったり、たばこがキツイところもあるので注意しましょう。そんな店舗なら圧倒的に時給の高いパチンコ屋さんに行ったほうがいいです。事前にしっかりと下見は行っておいたほうが無難ですね。

面接は、よほど派手な恰好をしていない限り大丈夫だそうです。規約も制服の着用と派手すぎない髪を指定しているくらいだそうですが、普通に緩いとのこと。

聞かれた内容は、①簡単な志望動機と②勤務可能な時間帯でした。志望動機は、家から近くて通いやすいことと、初心者歓迎と書いてあったこと、接客スキルを磨きたいことを伝えたそうです。

 

ゲームセンターアルバイトまとめ

少し覚えることは多そうですが、ゲームを無料で試せたり、新作ゲームをいち早く体験できたりするのは、ゲーム好きには大きなメリットですね。特にアニメやゲームが好きな人には、同趣味のお客さんの接客をするのが楽しいと感じる人も多いです。

場所と時間さえ選べは楽に働ける場合もあるので、平日の昼間働きたい人にはおススメのバイトだとも言えますね。

店舗の下見はしたほうがいいですが、ゲーセンが好きだ・アニメやゲームが好きだという方は、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

この記事がバイト選びの参考になれば幸いです。以上、ゲーセンバイトまとめでした!

Amazonと楽天市場には大学生だけが使える学割があるって知ってました?

【Amazon prime Student】

 

  • 6カ月間の無料会員登録ができる
  • 加入だけでAmazonポイント1000pゲット(無料会員でもOK)
  • 500円かかるお急ぎ便が無料で使い放題
  • 参考書・漫画など、全ての書籍が10%ポイント還元

 

【楽天学割】

  • 700円以下の送料を無料にできる
  • 書籍の購入ポイントが10倍+全品送料無料
  • 年会費無料

 

Amazonプライムに関しては、無料登録だけで1000円もらえますし。楽天学割は年会費無料なので、使わない理由がありませんね。

普段から通販を使う人は、ひとまず登録しておくのがオススメです。

Amazon primeを使ってみる

楽天学割を使ってみる